DebianでのR300へのNICドライバの入れ方

Dell PowerEdge R300にDebian入れようとしたら標準ドライバにBroadcom BCM5722の
ドライバがなかったので、手動で入れてみるでゴザるの巻。

NICドライバなしでインスコ

# apt-get install make
# apt-get install gcc
# apt-get install linux-headers-2.6.18-6-686

↑インスコしたDebianのカーネルバージョンを/lib/modules/あたりで確認しとく

別機で
http://www.broadcom.com/support/ethernet_nic/netxtreme_server.php
からLinux(tg3)用linux-3.92n.zipをDL
解凍してtg3-3.92n.tar.gzを取り出す
CDに焼くとかUSBメモリに入れるとかしてtg3-3.92n.tar.gzを任意のフォルダにコピー

# tar zxvf tg3-3.92n.tar.gz
# cd tg3-3.92n
# make clean
# make; make install

インストール終わったらドライバモジュールの読み込み

# modprobe tg3

確認

# lsmod

※10Mbps half でつながっちゃってる場合※

# apt-get install ethtool
# ethtool -s eth0 autoneg on

ほいでから

# dmesg

で確認。
tg3: eth0: Link is up at 1000 Mbps, full duplex.
とかなってればOK。

再起動時に自動でonになるように、

# vi /etc/rc.local

/usr/sbin/ethtool -s eth0 autoneg on

とか書いておくとよい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です