NINOXナイター<プラクティス>

ストレス発散に、NINOX行ってきました。今シーズン4回目も、ナイターです。

中斜面 でも問題なく滑れるようになりたかったので、ひたすら反復練習するつもりで行きました。

ナイター時も滑れるジョイフルコース は、中級者用とはいうものの斜度はそんなにないので中斜面初心者用って感じで練習にはもってこいです。

しかも今回は家に転がってた初代ipod touchにスノボ解説サイトを保存して持って行きました。これがなかなか便利で、リフト乗車中に次の練習の確認をすることもできるのです!

 

そんな感じでひと滑り、ひとターンごとに動きを確認し、ひたすら反復練習です。いや、これが意外と楽しいんですよね。

ノーズドロップ→直滑降になる頃に右足に荷重&角付け→ターン後半から斜面と平行になる頃にかけ、少しずつ抜重~荷重を左足上方に移動→左足荷重になったら再びノーズドロップ、その左足が次のターンの回転軸になる→再び角付けと右足荷重・・・てな感じに、常に自分の動きを意識しながら滑ります。また、リフトの上では

「ターン後に山側に切りあがらず、コース端までスピードが落ちずに流れちゃったな・・・なぜだろう 。」

「そうか角付けが足りなかったからか。次はしっかり角付けするようにしよう」

「でもターン時は右足荷重だから角付け難しいよなぁ・・・」

なんて一人反省会をしてました。

おかげでまだスムーズにはいきませんが、「りろんはしってる」 って感じで「こう滑りたい」が具体的に頭に描けるようにはなりました。あとはその理想が体に反映されるまでひたすら反復練習するのみかなぁ。

でもまだまだ課題はあります。 いまはそんな感じでゆっくり降りてきてるために滑りに勢いがなく、どうしても角付けなんかはターンの後半、ボードが直滑降になるあたりからしかできません。これがスムーズに滑れるようになったときに、はたしてエッジの切替時から角付けを始められるようになるかは、まだ体が一度も感じてないので想像もつかないのです。

 

そんなわけで、腿がパンパンになって斜面の凸凹を吸収できなくなってきたのを感じてきたところで引き上げることにしました。

いやー、なかなか実りのあるナイターでした。さあて次回もどっかで一人反復練習、がんばるぞー。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です